文字サイズ

川崎は蔚山現代など、鹿島は上海申花などと同組 ACL組み合わせ決定

 来年のサッカーアジアチャンピオンズリーグ(ACL)2018の組み合わせ抽選が6日、クアラルンプールで行われた。日本からの出場が決まっている川崎(J1優勝)はF組で蔚山現代(韓国)、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と同じF組、鹿島(J1で2位)はシドニーFC(オーストラリア)、上海申花(中国)と同じH組となった。本戦のグループステージは2月12日に開幕する。

 日本からはあと2チームが出場する。天皇杯でC大阪(J1で3位)が優勝した場合、C大阪が第2代表に繰り上がり、G組に入る。その場合はJ1で4位だった柏が第4代表としてプレーオフに進出する。柏、横浜M、神戸が天皇杯で優勝した場合は、そのチームが第2代表としてG組に入り、C大阪が第4代表としてプレーオフにまわる。

 日本クラブが出場するプレーオフは1月30日に開催される。ムアントン・ユナイテッド(タイ)かジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)のいずれかと対戦し、本戦出場を目指す。

 各組の詳細は以下の通り。

 【東地区】

▽E組 全北現代(韓国)、傑志(香港)※残り2チームは東地区プレーオフから。柏かC大阪が入る可能性がある。

▽F組 川崎、蔚山現代、メルボルン・ビクトリー※残り1チームは東地区プレーオフから。

▽G組 広州恒大(中国)、天皇杯優勝チーム(日本)、済州(韓国)、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)

▽H組 シドニーFC、上海申花、鹿島※残り1チームは東地区プレーオフから。

 【西地区】

▽A組 アルジャジーラ(UAE)、アルアハリ・サウジ(サウジアラビア)、トラクトール・ダブリーズ(イラン)※残り1チームは西地区プレーオフから。

▽B組 アルドゥハイル(カタール)、アルワハダ(UAE)、ロコモティフ(ウズベキスタン)※残り1チームは西地区プレーオフから。

▽C組 ペルセポリス(イラン)、アルサッド(カタール)、アルワスル(UAE)、※残り1チームは西地区プレーオフから。

▽D組 アルヒラル(サウジアラビア)、エステグラル(イラン)、アルラヤン(カタール)※残り1チームは西地区プレーオフから。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス