文字サイズ

岩渕がなでしこに復帰し存在感キラリ 勝利に貢献「やることは明確だった」

 スイスに勝利しサポーターの声援に応える熊谷(右端)らなでしこジャパン(共同)
1枚拡大

 「サッカー女子・国際親善試合、日本2-0スイス」(22日、長野Uスタジアム)

 女子日本代表・なでしこジャパンが、スイス代表を2-0で下した。後半24分にMF中島依美(27)=INAC神戸=が先制。同ロスタイムにFW田中美南(23)=日テレ=のゴールで突き放し、勝利を飾った。3月以来の代表復帰となったFW岩渕真奈(24)=INAC神戸=は途中出場で存在感をアピールした。

 わずか15分あまりの出番で、十分な存在感だった。後半31分、岩渕が途中出場。その2分後に警告を受けたのはご愛敬。同42分にはFW上野からのパスを受けて一瞬で反転、倒れながら左足でシュートを放った。

 「自然にシュートにいっていた。どん欲にいった結果」と岩渕。GKの好セーブに阻まれたが、前線で再三ゴールを脅かした。「久しぶり過ぎて、新鮮。やることは明確だった。それはできた」。3月にバイエルンミュンヘンを退団し帰国。右膝手術を経て、6月に国内移籍した。この試合が3月のアルガルベ杯以来の代表復帰戦だった。

 「自分は代表に選ばれ続けなければいけない立場。そこは自覚してやりたい」。なでしこに欠かせない存在が、再スタートを切った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス