文字サイズ

川崎 初の4強へ浦和と対戦 FW小林 2点奪って引導

ACLの公式会見に臨んだ川崎・鬼木監督(右)とFW小林
1枚拡大

 「ACL・準々決勝第2戦、浦和-川崎」(13日、埼玉スタジアム2002)

 浦和と川崎が4強進出をかけて戦うACL準々決勝の公式会見が12日、埼玉スタジアムで行われ、川崎は鬼木達監督(43)とFW小林悠(29)が出席。クラブ史上初の4強進出を誓った。

 小林は「僕たちがアウェーで2点取れば、ほとんど試合は決まったようなもの。点を奪うことに重点的に行けばいいと思う」とゲームプランを明かした。

 8月23日に行われたホームでの第1戦は3-1で勝利。合計得点が同じ場合、アウェーゴールの多い方が勝利扱いになるため、川崎が2点奪えば浦和は5点が必要になる。早々に2点を奪って引導を渡す思いだ。

 一方、鬼木監督は「シンプルに勝利を目指す。それを実現させたい」と淡々と話した。アドバンテージはあるが、「受け身になってしまうなら、0-0からのスタートという気持ちでやった方がいい」と平常心で選手を送り出す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス