文字サイズ

香川は出場せず 左肩負傷からの復帰見通し示す「2次キャンプから合流できれば」

 ベンチ入りしたドルトムント・香川(中央)
 ベンチスタートの香川(共同)
2枚2枚

 「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017、浦和2-3ドルトムント」(15日、埼玉スタジアム2002)

 J1浦和はドイツ1部リーグのドルトムントに2-3で競り負けた。浦和は前半24分にFW興梠慎三(30)が先制し、後半40分にはMF遠藤航(24)が得点。左肩負傷のためMF香川真司が出場しなかったドルトムントはトルコ代表で19歳のモルが2得点し、シュルレが勝ち越し点を奪った。

 香川はベンチから戦況を見つめ「(新体制のチームを)自分を当てはめながら見ていた」と語った。モルら若手の躍動に「個を生かしながら、うまく融合できるようにやっていきたい」と話した。復帰時期については「アジアツアーが終わって、2次キャンプから部分合流ができれば」と見通しを示し、8月末の日本代表戦に向けては「まずはドルトムントでしっかりやって、そのプラスアルファとしてやっていきたい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス