文字サイズ

浦和3連敗で暫定9位後退 ペトロ監督「非常ベルが鳴っている」

 移籍前最後の試合となった浦和戦を勝利で終えた鳥栖・鎌田(手前左)=ベアスタ
2枚

 「明治安田生命J1、鳥栖2-1浦和」(25日、ベストアメニティスタジアム)

 J1浦和が敵地で鳥栖に敗れて3連敗を喫した。

 後半20分、CKから先制点を許し、同45分にはバックパスを奪われる連係ミスから致命的な2点目を失った。同50分にFW李がPKを決めたが、時すでに遅し、だった。

 ミハイロ・ペトロビッチ監督(59)は「リーグ戦3連敗。非常ベルが鳴っている」と現状を表現。「期待通りの結果を得られていない中、われわれ自身、この現実から逃げても何も進まない。強い気持ちで前に進むしかない」と前を向いた。

 DF槙野智章(30)は「結果をしっかり受け止めることが重要。誰が悪いというのではなく1人1人の責任。負けをしっかり受け止めて、何ができて何ができていないのか、クリアしていくことが大事」と話した。

 4月30日の大宮戦以降1勝1分5敗。暫定9位に後退し、首位柏との勝ち点差も2桁の11に広がった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス