文字サイズ

鹿島・小笠原が激高!浦和・森脇の暴言「くせえんだよお前」に 両者主張食い違う

後半、土居を突き飛ばしたラフプレーで詰め寄る鹿島・小笠原(右)は、浦和・西川(同2人目)に止められる(撮影・棚橋慶太)
後半、浦和・興梠(右)、槙野(中)に突き飛ばされる鹿島・土居(左)=埼玉スタジアム(撮影・棚橋慶太)
後半、鹿島・土居を突き飛ばした浦和のラフプレーに詰め寄る鹿島・小笠原(右)を必死に止める浦和・西川周作=埼玉スタジアム(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 「明治安田生命J1、浦和0-1鹿島」(4日、埼玉スタジアム)

 首位攻防となる一戦には5万7447人が詰めかけ、白熱した試合が展開された。鹿島は、前半24分にFW金崎夢生が決めた先制点を守り切って勝利。暫定ながら首位に浮上した。

 試合後、鹿島は試合中に浦和の選手から暴言があったとして、マッチコミッショナーに報告した。問題のシーンは後半33分。敵陣深くのコーナーフラッグ付近で、鹿島MF土居がボールをキープ。このプレーで土居はファウルを取られたが、主審の笛が鳴った後に、浦和MF興梠が土居を突き飛ばしたことでヒートアップ。両チームの複数の選手が入り乱れて一触即発の空気が流れた。

 ここで仲裁に入ろうとした浦和DF森脇が暴言を発したとして、鹿島MF小笠原が激高。試合後に「ウチのレオシルバ選手に対して『くせえんだよお前』という発言をして。それがどうしても許せなかった」と話し、クラブ側も小笠原とレオシルバなどにヒアリングをした上で、マッチコミッショナーに報告をしたという。

 一方で、暴言を発した森脇は「鹿島の選手2、3人に詰め寄られ唾が顔にかかったので、子供じみた言葉かもしれないが小笠原選手に『口がくさいんだよ』と発言をした」とレオシルバに対する暴言ではなかったと主張。その上で「小笠原選手が何を思って侮辱的な発言と捉えたか、わからない。なので、それ(小笠原が報道陣に対して説明した内容)を聞いて、僕は彼の人間性にショックを受けた。小笠原選手は僕のことを嫌いなんじゃないですかね」と話すなど、両者の主張は食い違っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス