文字サイズ

柿谷“特注”代表スーツ無駄にしない!

 サッカーの国際親善試合、セルビア代表戦(11日・ノヴィサド)とベラルーシ代表戦(15日・ジョジナ)に臨む日本代表の国内組が6日、成田空港から出発した。7月の東アジア杯で初招集されたFW柿谷曜一朗(23)=C大阪=は、自分サイズの代表オフィシャルスーツが作られていないことが判明。近日中に完成予定の正規品を無駄にしないためにも、代表定着を誓った。海外組は現地で合流する。

 体形に合わないスーツに身を包んだ柿谷の足取りは、どこかぎこちなかった。9月の代表活動後に採寸を済ませたが、正規品が届くのは11月以降になる見通し。代替品はサイズが大きい上、ネクタイも手元に届いておらず、ややしまりのない格好となった。「もっと細いのがくるので、届いた時にも選ばれるようにしたい」と誓った。

 国内組で臨んだ東アジア杯では、大会得点王となる3ゴールと結果を残し、以降は代表に定着しつつある。8月のウルグアイ戦、9月のグアテマラ戦、ガーナ戦にも招集され、海外組と競演。その3試合ではゴールこそなかったが、MF本田から「曜一朗は点を取れなかったけれど、非常にボールが収まる。ようやくこういうタイプの1トップが出てきた」と絶賛された。

 今回の遠征は当落選上の海外組が多く招集されており、サバイバルの意味合いが強い。中でも柿谷が入る1トップは激戦区。FWハーフナーとの競争になることは必至で、今回は選ばれていないものの、FW豊田(鳥栖)らも候補に挙がる。代表定着には結果を残すことが求められるが「いつも通りやれればいい」と気負わずに話した。

 A代表として欧州で試合をするのは初めて。敵地で普段の実力を発揮できるかが問われる。「ホームでもアウェーでも同じ力を出せるのが一番いい」。完成間近のスーツを無駄にはしない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス