文字サイズ

細川チャーリー忍 3連敗も現役続行宣言「まだノックアウトされていない」

 「デイリー後援・ボクシング・8回戦」(20日、後楽園ホール)

 元東洋太平洋とWBOアジアパシフィックのミドル級王者で、日本同級1位の細川チャーリー忍=金子=が再起戦で0-3の判定で敗れて3連敗となった。自身と同じくナイジェリア人を親に持つ日本同級14位のワチュク・ナァツ=マーベラス=の素早い連打に捕まる場面が目立ちながらも、長いリーチを生かしたワンツーなどで反撃。だが、クリンチに攻撃を寸断され、手数で上回られた。

 笑顔でワチュクと何度も抱擁し「彼は強かった」と敗北を受け入れた。13日には兄で元日本スーパーライト級王者のバレンタインが引退したばかり。自身は3連敗にも「まだノックアウトされていないから大丈夫でしょ」と笑みを浮かべた後、表情を引き締め「まだまだ勉強するところはありますね。頑張ります」と前を向いた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス