文字サイズ

田中恒成「緊張感あっていい合宿」井岡戦へ関東で計26ラウンドのスパーリング合宿終了

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(12月31日、大田区総合体育館)

 世界3階級制覇の実績を持つ、挑戦者でWBO世界スーパーフライ級1位の田中恒成(25)=畑中=が18日、関東でのスパーリング合宿を終えたと所属ジムを通じて発表した。9日から9日間で計26ラウンドを消化したという。

 田中は「無事にケガなく終えたのと、いろいろな選手と練習できてよかったです。レベルの高い選手と4人やって、いろいろなジムを回りながら緊張感もあって良い合宿でした。この後は名古屋でまたいろいろな選手とスパーリングをやりながら対策練りながら、仕上げていく感じです」とコメントした。

 田中は12月31日に東京・大田区総合体育館で、日本男子初の世界4階級制覇を達成したWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)=Ambition=と対戦する。世界複数階級制覇経験者の日本人対決は初めて。世界最速16戦目、日本男子2人目の4階級制覇を狙う。戦績は井岡が25勝(14KO)2敗、田中は15勝(9KO)無敗。

 ◆田中恒成(たなか・こうせい)1995年6月15日、岐阜県多治見市出身。幼少期は空手に親しみ、小学5年でボクシングを始めた。岐阜・中京高(現中京学院大中京高)で高校4冠に輝き、13年11月にプロデビュー。15年5月にプロ5戦目でWBO世界ミニマム級王座、16年12月にWBO世界ライトフライ級王座を奪取し、井上尚弥(大橋)と並ぶ日本選手最速8戦目で2階級を制覇。18年9月にWBO世界フライ級王座を獲得し、世界最速タイ12戦目で3階級制覇を成し遂げた。身長164.2センチ。右ボクサーファイター。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス