文字サイズ

新日本・内藤 思い出の21年ぶり神宮で2冠奪回!BUSHI、SANADAがアシスト

 2冠奪取に成功した内藤哲也
3枚

 「プロレス・新日本」(29日、神宮球場)

 IWGPヘビー級・同インターコンチネンタル・ダブル選手権試合が行われ、前王者の内藤哲也が王者EVILから2冠王座を奪回した。

 新日本プロレスが21年ぶりに開催した神宮球場大会。前回は48000人の大観衆が詰めかけたが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で政府から大規模イベントの参加人数が5000人までに制限された中での戦いとなった。

 内藤は、試合開始前にEVILにチャンピオンベルトで殴打され、場外で激しい攻撃を受けるなど大苦戦。さらに、EVILの参謀役ディック東郷の介入も悩まされる。それでも、グロリア、裏スイングDDTの大技を繰り出して流れを引き寄せた。

 だが、EVILがレフェリーをマットがはがされたコーナーに打ち付けて失神させる暴挙に出てから大荒れの展開になる。無法地帯となったことをいいことに東郷と2人がかりで攻撃すると、内藤のユニット、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)の盟友BUSHIが駆けつけて2人を排除。だが、今度はEVILの盟友外道が現れてBUSHIを排除した。

 そして、内藤はEVILにイスで殴打され、東郷にワイヤーで首を絞められる大ピンチに陥ると、今後はもう1人のLIJの盟友SANADAが現れて内藤を救出。SANADAとBUSHIは外道と東郷を連れ戻し、レフェリーも意識を取り戻して、リング上は一騎打ちの状態となった。

 内藤はコリエンド式デスティーノから正調デスティーノを繰り出すが、EVILはレフェリーをつかんで抵抗し、さらに内藤に金的攻撃を加えて脱出。だが、内藤は不完全ながらエスペランサを繰り出して勝機をつかみ、EVILの再度の金的攻撃を読んで食い止めて、バレンティア、デスティーノをたたみ掛けて3カウントを奪った。

 神宮球場は内藤にとって思い出深い場所。高校2年生の広島カープファンだった21年前の大会では、5000円のチケットを買って野球ではビジターチームのファンが座るレフトスタンドで観戦し、その後も、広島カープを応援するために何度も訪れた。

 この日は観客ではなく自らリングに立って裏切り者EVILからタイトルを奪回。主役となって声援の自粛を求められている観衆の大きな拍手を浴びながらリング上でマイクを持つと、「21年ぶりの新日本プロレス神宮球場大会、そして、野外で行われる真夏のビッグマッチ、みなさま、楽しんでいただけましたでしょうか」とあいさつした。

 そして、「まだまだコロナの影響で我慢の日々が続きますが、その我慢の先に明るい未来がきっと待っていると思うので、一緒に乗り越えて行きましょう」と呼び掛け、「今日はみなさまと一緒に大合唱はできませんが、ぜひ心の中で一緒に叫んでください」とお願いして、決めゼリフ「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン!」を絶叫。その直後、真夏の夜空に花火が打ち上げられ、大会は幕を閉じた。

 インタビューでの内藤は「レスラーになってかなりの時間がたつけど、いまだにプロレスファン気質が抜けないからさ。この神宮球場、21年前、レフトスタンドで見ていたこと、あの頃のこと、思い出しながら試合しちゃいましたよ。これはもしかしてプロとして失格かもしれない。これがオレの一番の弱点であり、一番の武器かな。21年前のオレに改めて言いたいよ。『君は21年後、この神宮球場大会のメインイベントで試合し、そして、勝利して、マイクで締めることになるよ』ってね」と感慨深げに試合を振り返った。

 続けて、「とりあえず、2本のベルトを取り戻した。いや、レンタル期間が終了しただけ。9月から始まるシリーズ、多くのお客様に去年さんざん言った偉業を達成した姿をお見せしに行きますよ。誰も求めていないかもしれない。そんなこと関係ないよ。オレがしたいことをする。9月3日から2本のベルトとともに入場しますよ」と、2冠王者としての雄姿を見せることにへの意欲を示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス