文字サイズ

新日本・ヒロム、石森のジュニア王座挑戦要求を受諾「すぐに組め」

 「プロレス・新日本」(26日、後楽園ホール)

 IWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロムが石森太二の挑戦要求を受諾し、対戦が決定的となった。

 前日の愛知・ドルフィンズアリーナ大会でIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル王者EVILに挑戦して敗れた後、乱入した石森にブラディークロスでKOされる無言の挑戦アピールを受けていたヒロムはこの日、BUSHI、内藤哲也と組み、石森、ディック東郷、EVIL組と対戦。最後は内藤がEVILの股間攻撃で排除され、自身も石森に場外へ蹴散らされると、孤立したBUSHIが石森にブラディークロスで葬られた。

 そして試合後、ヒロムは石森に襲撃され、またもブラディークロスでKO。ダウンしている間に石森が「ヒロム、燃え尽きたか?ボロボロかな?さてオレは何が言いたいんでしょうか?」と問いかけ、「答えはテメエのベルトに挑戦させろ、この野郎!」と自ら答えを出した。

 これを受けて、ヒロムはバックステージで「石森、情けねえ男になったな。バレットクラブで唯一、お前が一番まともだと思っていた。こんなやり方でしか挑戦表明できなかったのか」と、石森に失望しながらも「面白れえ。やってやるよ。組め。石森とすぐに組め」と受けて立った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス