文字サイズ

ボクシングが136日ぶり無観客で興行再開 大声禁止も思わず勝利の雄たけび

 「ボクシング・中日本新人王予選」(12日、刈谷市あいおいホール)

 コロナ禍で中断していたプロボクシングの興行が12日、中日本新人王予選で再開した。試合3週間前と前日の抗体検査で陰性だった10選手が出場し、用具の消毒など安全対策がとられた上で、無観客で行われた。日本ボクシングコミッション(JBC)によると、公的会場を使用したJBC管轄下での無観客試合は初と見られる。

 136日ぶりにリングにボクサーが戻ってきた。新人王を目指す4回戦の5試合がリスタートの号砲だった。プロモーターの中日本ボクシング協会・東信男協会長は、試合後「何とか無事に終われた。次につなげられた」と胸をなで下ろした。

 濃厚接触、飛まつが避けられず、屋内会場で行うボクシング。関係者は緊張感を持ってこの日を迎えた。会場は3方向のドアを開けて換気を徹底。選手控室は使用せず、ホール内を仕切って場所を作った。コーナーで使うイスやバケツは毎試合交換し、リングロープは1ラウンドごとに消毒。レフェリーは試合ごとにシューズを消毒し、シャツを交換した。リングサイドのタイムキーパーらは医療用防護服とフェースシールドを着用した。

 試合前には「三密を避ける」などともに「大声での指示禁止」も注意喚起された。しかし、第1試合を僅差で判定勝ちしたミニマム級の松本幸士(30)=HEIWA=は「ヨッシャー!」と雄たけび。セコンドから叱られ、「思いが爆発してしまった」と反省した。

 試合前に「最も不安だったのは選手」と話していたJBCの安河内剛事務局長は「大目に見てあげたい」と心情をくみ取った。今後は観客入りも予定され、緊張感は続くが、「まず一歩踏み出せた」と前を向いていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス