文字サイズ

全日本・諏訪魔、初の無観客三冠戦で芦野止めV1!石川と7・25究極の5冠戦へ

 「プロレス・全日本」(6月30日、会場非公表=無観客試合)

 テレビマッチが放送され、史上初めて無観客で行われた三冠ヘビー級選手権試合は王者の諏訪魔が芦野祥太郎を破って初防衛に成功した。

 無期限活動休止となったWRESTLE-1から全日本に参戦し、全勝街道を突き進む芦野を迎え撃った諏訪魔。ともにレスリング出身の2人はグラウンド、スープレックスでどで激しい攻防を繰り広げる。

 一時は芦野が左足集中攻撃で優位に立ち、場外へのダイビングラリアット、ロコモーション式ジャーマンなどで追い込み、得意のアンクルロックで長時間絞め上げて追い込んだが、諏訪魔はなんとか脱出。終盤、諏訪魔はジャーマンの連発などで攻勢に出ると、最後はバックドロップ、ラリアットをたたみかけ、ラストライドでマットに豪快にたたきつけて27分超の激闘に終止符を打った。

 “外敵”芦野の全勝を止めた諏訪魔は試合後、「ベルト、守ったぞ、オイ!」と叫び、「全日本プロレス史上で初めて無観客でやって、勝ったぞ。ベルト守ったし、全日本プロレスの看板も守れてよかったよ」と満足顔。「芦野祥太郎、オレの足をガタガタにして帰りやがった。まだまだオレはアイツをつぶし足りねえんだよ。育ちも一緒だし、いろいろ似ているところがある。気にくわねえ。何度でもオレに向かってくればいい」と再戦に前向きな姿勢を見せた。

 そして、7月は全日本が有観客試合を再開することで、「お客さん入れるのが決まったんだからさ、オレの夢である究極の5冠戦、それをやりたい。どう思う?」と問いかけると、世界タッグ王座をともに保持する石川修司が現れた。

 石川は「諏訪魔さん、防衛するって信じていました。無観客でもいいからそのベルトに挑戦しようと思っていましたが、アナタがオレとの三冠戦はお客さんがいるところでと言っていたんで、ずっと我慢して待っていました」と打ち明け、「お客さんがいての大会が決まって、最初の後楽園(ホール)大会、7月25日、オレとそのベルトをかけて、これぞ全日本という戦いをしませんか」と提案。続けて、「そして、オレが5冠王になる」と宣言した。

 これに諏訪魔は「俺の夢なんだ。アンタとの5冠戦は。今しかないんだ。石川選手とはボロボロになるまで正々堂々と勝負したいな。石川選手、正々堂々よろしくお願いします」と返答し、石川とガッチリ握手。その後、7月25日の後楽園ホール大会で2人が三冠ヘビー級選手権試合で対戦することが発表された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス