文字サイズ

女子プロレスが凄惨けんかマッチで紛糾

安川悪斗(中)にグーパンチをたたき込む世Ⅳ虎(左)右は和田レフリー=後楽園ホール
安川悪斗(右)にグーパンチを見舞う世Ⅳ虎
世Ⅳ虎のグーパンチを喰らい顔面を腫らした安川悪斗=後楽園ホール
3枚3枚

 「スターダム」(22日、後楽園ホール)

 メーン、ワールド・オブ・スターダム選手権で王者・世IV虎が、挑戦者の安川悪斗にけんかマッチを仕掛け、凄惨(せいさん)な展開となった。

 馬乗りで鉄拳、掌底を繰り出し、顔面を殴打された安川は右目上が腫れ上がり、戦闘不能状態に。気力だけで立ち向かおうとしたが、あまりに緊迫した状況に安川のセコンドを務めた木村響子がタオルを投入。世IV虎のTKO勝ちとなった。

 怒りの形相で木村が世IV虎につかみかかるなど、リング上は大混乱。泣き叫ぶ安川はそのままバックステージで応急処置を受けた上、都内の病院に救急搬送された。控室からは世IV虎の怒号も聞こえた。

 かつて同じユニット・川崎葛飾最強伝説に所属していた2人だが、安川が先に離脱していた。甲状腺の悪化、白内障の手術で長期欠場し、昨年12月に復帰したばかりの安川の今後が心配される。

 紫雷イオ、高橋奈苗らが場をまとめて大会は終了したが、ファンからは「プロレスをやれ!」などとバ声が飛び、後味の悪さが残った。会場を離れる際、関係者に付き添われた世IV虎は無言だった。

 大会後、会見したロッシー小川代表は「緊急事態。こんなことになって、申し訳ない。感情的でプロレスの範ちゅうを超えてた。それでは(観客も)楽しめない。総合格闘技でも果たし合いでもなく、プロレスリングなんだから。結果として悪斗が復帰できなかったら大変なことになる。ちょっと困惑している」と厳しい表情でコメント。

 両者の感情的もつれなどについて聞かれると、「あったかもしれないけど、プロのプライドがある。(プロレスの枠を)超えてはいけない。憎しみがあろうが、なかろうが、お客さんに申し訳ない」と謝罪した。

 王者として、メーンを締める立場の世IV虎の振る舞いに対し、ペナルティーが科される可能性が出てきた。小川代表は「本人も冷静さを失ってる状況。どんな面白くないことがあろうが、プロのつとめをできなかった。プロとして失格。ベルト(はく奪)どうこうということになるかも。向こうが先にやってきたからやったというレベルのことを言ってるようじゃダメ」と断罪した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス