文字サイズ

井上尚弥 ドネア戦の視聴率15・2% 壮絶終盤の瞬間最高20・5%

 フジテレビ系で7日に放送されたWBA、IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(26)=大橋=とWBAスーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=の対戦「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」バンタム級決勝の平均視聴率が15・2%だったことが8日、分かった。

 試合は午後9時11分から同10時24分まで中継された。瞬間最高視聴率は同10時17分と同10時20分の20・5%。終盤の11回から試合終了にかけての場面だった。

 試合は壮絶な打ち合いで進み、井上は2回に右目上をカットするなど追い込まれた。しかし11回に右アッパーからの左ボディーでダウンを奪い、ドネアを3-0の判定で下した。

 (数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス