文字サイズ

亀田家初の新人王へ!3兄弟いとこ京之介「獲らな口だけって言われる」前日計量パス

 「ボクシング・東日本新人王決勝戦」(3日、後楽園ホール)

 前日計量が2日、都内で行われ、フェザー級はいずれも世界王者となった興毅、大毅、和毅の亀田3兄弟のいとこ京之介(21)=協栄=が57・0キロ、今成太希(22)=三迫=は57・1キロでともに1回目でパスした。

 亀田家初の新人王を狙う京之介は「ホンマの決勝は12月(全日本新人王決定戦)ですから、こんなとこで緊張してたらダメでしょ。獲らな口だけって言われる」と余裕の表情。今成は5勝(3KO)無敗で全試合でダウンを奪っている強打者だが、「打たれ弱そう。いつも通り足を使えば問題ない」と不敵な笑みを浮かべた。

 また、11階級中10階級の20選手がパスしたが、ライト級は佐々木尽(18)=八王子中屋=が棄権したため、斎藤眞之助(24)=石川ジム立川=が東日本新人王となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス