文字サイズ

元プロボクサーにリモコンで殴られ 元力士が死亡

 スナックで居合わせた元力士の男性をカラオケのリモコンで殴るなどしたとして、大阪府警松原署は18日までに、傷害容疑で堺市の元プロボクサー橋詰知明容疑者(30)を現行犯逮捕した。元力士の男性はその後死亡した。

 大相撲元幕下力士の浅田宗祐さん(41)と知人男性(40)は16日夜に松原市高見の里のスナック店内に来店。店内でカラオケ中に橋詰容疑者と体がぶつかるなどしてトラブルになった。17日未明、橋詰容疑者は男性を殴打後、止めに入った浅田さんの頭をリモコンで殴り、けがを負わせたという。橋詰容疑者は浅田さんらと面識はなく「酔っていたので覚えていない」と供述している。

 浅田さんは心肺停止状態で病院に搬送され、約1時間後に死亡が確認された。男性は顔面打撲などの重傷を負ったが命に別条はないという。

 浅田さんは1993年に初土俵を踏み「杉の山」のしこ名で活動、99年に引退した。橋詰容疑者は2005年にプロデビュー、新人王の西日本MVPも獲得した。11年に引退している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス