文字サイズ

ゴロフキン僅差判定で王座返り咲き インタビューでは大ブーイング

 「ボクシング・IBF世界ミドル級王座決定戦」(5日、ニューヨーク)

 IBF世界ミドル級王座決定戦が5日(日本時間6日)、米国ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで開催され、元同級3団体王者のゲンナジー・ゴロフキン(37)=カザフスタン=が3-0(114-113、115-112×2)で同級1位のセルゲイ・デレビヤンチェンコ(33)=ウクライナ=に競り勝ち、王座返り咲きを果たした。

 昨年9月の“カネロ”アルバレス第2戦に判定負けして、初黒星を喫するとともに3本のベルトを手放したゴロフキン。今年6月にスティーブ・ロリス(米国)に4回KO勝ちして再起して今回が2戦目。まずはIBFのベルトを取り戻しに出た。

 初回、リング中央でパンチをまとめてから右フックを打ち込み先制のダウンを奪う。2回には左フックで相手の右目上を切り裂くなど、ゴロフキンの圧勝ペースかと思われた試合だったが、徐々に雲行きが怪しくなる。右のファイタータイプと重なる部分も多い両者だが、デレビヤンチェンコも流血を問題にせずパワフルなアタックを開始。5回には左ボディーを効かされたゴロフキンが後退する珍しい場面も見られた。

 終盤もゴロフキンはペースが上がらずフルラウンドを終了。ダウンを含めた序盤の貯金で僅差判定をものにしたが、勝利者インタビューが始まると、大ブーイングも起こった。

 ゴロフキンは「タフな相手だった。コンディションは良かったが、リングで何が起こったのかは分かっている」と試合を振り返った。今後については「ビッグマッチは歓迎」としながらも、デレビヤンチェンコとの再戦についても「いつでも受ける。彼と彼のチームをリスペクトしている」と話した。敗れたデレビヤチェンコは「カットした右目を狙われたのは仕方がない。リマッチしたい」と再戦を望んだ。

 ゴロフキンが王座に復帰したことでミドル級戦線もまた活性化してくることが予想される。カネロとのラバーマッチだけでなく、WBA世界同級王者・村田諒太(帝拳)の動向にも影響を与えることにもなりそうだ。ゴロフキンの通算戦績は42戦40勝(35KO)1敗1分け。デレビヤンチェンコは15戦13勝(10KO)2敗。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス