文字サイズ

天龍「小脳梗塞」で入院していた しゃがれ声は「症状と関係ない」

 元大相撲前頭、元プロレスラーの天龍源一郎(69)が小脳梗塞を発症していたことを所属事務所が9日、発表した。4月中旬から自宅で体調不良を2度訴え、3度の入院を経て完治はしていないものの目立った後遺症はなく、症状は安定しているという。独特のしゃがれ声については「症状と関係がございません」と説明している。

 天龍は事務所を通じて「私事でご心配をおかけすることになりましたが、身体一つで69歳までやってこられるほどにタフに生んでくれた親にまず感謝しています。残りの人生を『天龍はしぶといナ』と言われるほどに十二分に謳歌(おうか)していきたいと思います!天龍源一郎は今日も元気です!」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス