文字サイズ

ホワイト無念…カミゴェ2連発に万事休す オメガ以来3年ぶり外国人Vならず

 「プロレス・新日本」(12日、日本武道館)

 真夏の祭典「G1クライマックス」の優勝決定戦が行われ、昨年準優勝の飯伏幸太(37)がジェイ・ホワイト(26)を破って初優勝を果たした。飯伏は痛めている左足を集中攻撃され、ホワイトのマネジャー外道の介入にも苦しめられたがカミゴェで蹴殺した。 

 3連敗からの6連勝で初めて優勝決定戦に進出した前IWGPヘビー級王者のホワイトは、飯伏の気迫にねじ伏せられた。すさまじいブーイングを浴びながら、参謀外道の介入、雪崩式脳天砕き、クロスアーム式ブラディーサンデーなどの大技連発で追い込んだものの、最後はカミゴェ2連発に万事休す。ケニー・オメガ以来3年ぶりの外国人優勝はならず、試合後はノーコメントで去っていった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス