文字サイズ

“熊殺し”空手家ウィリーさん死去 日本でも数々の激闘演じる

 空手家ウィリー・ウィリアムスさんが7日に出身地の米国で死去したことが10日、分かった。67歳。死因は心臓病。関係者が明らかにした。

 身長196センチ、体重100キロの体格を誇ったウィリアムスさんは米国の極真会館支部で空手を学び、1976年公開の映画「地上最強のカラテPART2」で熊と戦ったことで“熊殺し”と呼ばれるようになった。79年には極真会館の全世界空手道選手権で3位入賞。80年2月にはプロレスラーのアントニオ猪木と異種格闘技戦で対戦し、両者ドクターストップの死闘を演じた。

 84年に師匠の大山茂氏が設立したUSA大山空手に移った。その後現役を引退したが度々試合に出場し、91年には「USA大山空手VS正道会館5対5マッチ」で佐竹雅昭、92年には総合格闘技リングスで前田日明、97年1月には新日本プロレスで再び猪木と対戦して敗れ、99年にはプロレス団体FMWのリングにも上がった。

 ライバルの死去を受けて、現参院議員のアントニオ猪木氏はコメントを発表。「ウィリー選手との戦いは、新日本プロレスとカラテの、互いの誇りをかけて臨んだ熱い戦いでした。今もあの殺気あふれる蔵前国技館のリングを思い出します」としのび、「戦いを離れゆっくりと休んで欲しいと思います。さようなら、ありがとう、ウィリー・ウィリアムス」とのメッセージを贈った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス