文字サイズ

“モンスター”井上の凱旋帰国にファン熱狂 ドネア戦開催地は「地方がいい」

 会見終了後にファイティングポーズをとる井上尚弥=羽田空港(撮影・棚橋慶太)
 父の井上真吾トレーナー(左)と会見する井上尚弥(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 世界に衝撃を与えた“モンスター”の凱旋だ。19日(現地時間18日)に英国グラスゴーで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント準決勝を兼ねたIBF世界バンタム級タイトルマッチで王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで破ったWBA同級王者の井上尚弥(26)=大橋=が21日、羽田空港着の航空機で帰国した。

 尚弥が到着ロビーに姿を見せると、関係者だけでなく200人以上とみられる一般客も足を止めて熱烈歓迎。1日早く帰国した長男の明波君と再会すると顔をほころばせ、「移動は疲れました。帰りも一睡もできなくて、どっと疲れてますけど、みなさんの歓迎を見て疲れは吹っ飛びました」と帰国の心境を語った。

 直近2試合の1回KOに続く衝撃的な2回TKO勝ちには「想像していたより早めに終わった。その中で高い点をつけられるぐらい内容はよかった。100点をつけられる」と満点の自己評価。常に辛口採点の父・真吾トレーナーも「85点」と高得点をつけると、尚弥は「なかなか高いんじゃないですか」と笑いを誘った。当面は「家族とゆっくりしたい。体力的には問題ないですけど、精神的に回復したい。家族との予定も立てているので、日本でゆっくりしたい」とリフレッシュに努め、6月から練習を再開する意向だ。

 決勝の相手は世界5階級制覇王者のWBA同級スーパー王者ノニト・ドネア(フィリピン)。一撃必殺の左フックでKOの山を築き、自身と親交もあるスーパースターと対戦することに「レジェンドと試合が決まっているので、そこへ向けて練習していくだけ。左フックには注意したい。いつも通り距離が重要になってくる」と気持ちを引き締める。

 決勝の日程と会場は未定で、米国、中東、日本などが候補とみられているが、尚弥は「理想は日本。ドネアファンも多いし」と希望。ただ、うわさされるドームは高い屋根がWBSS独特の演出に適さず、関東の会場も不足しているとのことで、「海外でやるよりは、地方で箱(会場)があるなら、そっちの方がいい」と、初めて関東以外の地方に進出する意向も示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス