文字サイズ

那須川天心がパッキャオ推薦選手にTKO勝ち

 ポーズをとるマニー・パッキャオ(左)と那須川天心=横浜アリーナ
3枚

 「総合格闘技・RIZIN」(21日、横浜アリーナ)

 第11試合で那須川天心(TARGET)が、ボクシング世界6階級制覇で現WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオが推薦したフリッツ・ビアグタン(フィリピン)と対戦し、3回TKO勝ちした。

 第1ラウンドはお互いに様子を見る展開。ラウンド終盤の残り40秒ごろに那須川が飛び膝蹴りをしかけたが、効果的な打撃にはならなかった。第2ラウンドは、那須川が効果的なパンチをたたき込む場面があった。残り1分をすぎた後、左ストレート、その直後に左右のパンチを当てたが、ダウンには至らず。さらに、コーナーに追い詰め左右のパンチラッシュを仕掛けたが、試合を決めることはできなかった。

 そして第3ラウンド、1分が過ぎたころに左パンチでダウンを奪取。その後も攻撃の手を緩めず、2度目のダウンを奪ったところでレフェリーが試合を止めた。

 前日計量ではビアグタンが漫画・アニメ「ドラゴンボール」に登場する技「かめはめ波」のジェスチャーを那須川に向けるパフォーマンスをしていた。この日は那須川が試合決着直後にビアグタンへ向けて「かめはめ波」を放つポーズで“お返し”した。

 この試合を前には、パッキャオがリングに姿を見せ、「このようにRIZINのリングに登場できてとてもうれしいです。榊原実行委員長、このようにフィリピンの若いビアグタン選手に光を与えて下さってありがとうございます」となどのあいさつをし、ファンを沸かせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス