文字サイズ

伊藤雅雪が米トップランク社と3年契約 夢のロマチェンコ戦へ一歩前進

 ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(28)が12日(日本時間13日)、米国ロサンゼルスで会見し、米興行大手トップランク社と契約を締結したことを発表した。契約内容は1年3試合の3年契約で、まずは5月25日(同26日)にフロリダ州キシミーのオセオラ・ヘリテージ・パークで同級11位のジャメル・ヘリング(33)=米国=と2度目の防衛戦に臨む。

 同日、ステープルズ・センターでWBAスーパー・WBO世界ライト級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が、元WBA世界ライト級王者のアンソニー・クロラ(英国)を4回KOに仕留めた防衛戦後に会見が開かれ、トップランク社のボブ・アラムCEOがその中で発表した。日本選手の同社との契約は前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)、WBOアジア太平洋スーパーライト級王者・岡田博喜(角海老宝石)に続き3人目。

 伊藤は会見後にインスタグラムを更新。アラム氏、ロマチェンコとともに会見に臨む写真をアップし、「夢がどんどん広がります。ロマチェンコ、ベルチェルト、みんなが無理だと言ってる事を実現させてみせる。やってやる!」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス