文字サイズ

超攻撃型ムエタイのレベルス王者スアレック、SB深田一樹との王者対決が実現

シュートボクシング日本スーパーフェザー級王者・深田一樹との王者対決に臨むレベルスムエタイSライト級王者スアレック・ルークカムイ
1枚拡大

 「超攻撃型ムエタイ」と称され、K-1でも活躍するレベルスムエタイスーパーライト級王者スアレック・ルークカムイ(タイ/スタージス新宿ジム)が、レベルスの大会「REBELS.60」(4月20日・後楽園ホール)でシュートボクシング(SB)との対抗戦に出陣し、SB日本Sフェザー級王者・深田一樹(ファントム道場)との王者対決に臨むことが14日、発表された。

 昨年12月5日に後楽園ホールで開催された「REBELS.59」で宮越慶二郎(拳粋会宮越道場)に5回KOで敗れたスアレックにとっては、復帰戦となる。2階級違う両雄だが、スアレックは階級を下げてライト級王座を狙うことを明言しており、今回は62キロ契約3分3回戦で行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス