文字サイズ

トンガ&ロアがIWGPタッグ奪回!邪道介入でEVIL&SANADA撃破

 「プロレス・新日本」(23日、後楽園ホール)

 IWGPタッグ選手権試合が行われ、挑戦者のタマ・トンガ、タンガ・ロア組が王者のEVIL、SANADA組を破り、5度目の王座奪取に成功した。

 スピーディーな連係、場外ラフファイトにセコンド邪道の介入も交えて攻め込んだ2人。終盤は相手の必殺合体技マジックキラーを浴びるピンチに陥ったが、邪道の介入で切り抜け、最後はトンガのガンスタンからロアの雪崩式殺法スーパーパワーボムでSANADAを葬った。

 試合後の2人は王座に返り咲いて怪気炎。トンガが「成功へのカギ、それは勤勉に働くことではない。一貫していることが大切だ。それは料理でも、テニスでも、プロレスでも同じ。ぶれないこと、そして努力すること。オレは両方をやってきた。やられても立ち上がる。痛い目にあってもあきらめない。それが成功の要因なんだ」と持論を展開すれば、ロアは「IWGPタッグ王座、5回目の君臨だ」と勝ち誇った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス