文字サイズ

王者・山中竜也、攻撃型に進化 2度目防衛戦「ここで勝てば自信になる」

山下会長(右)とのミット打ちで仕上がりのよさを見せた山中竜也=神戸市内
山下会長(右)のミットに鋭いパンチを打ち込む山中竜也
2枚2枚

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級タイトルマッチ」(13日、神戸市立中央体育館)

 WBO世界ミニマム級チャンピオンの山中竜也(23)=真正=が9日、挑戦者の同級3位、ビック・サルダール(27)=フィリピン=とともに神戸市内で練習を公開。2度目の防衛戦に向けて、山中は「順調にきている。ディフェンスもオフェンスもどちらも強化した。ここで勝てば自信になる」と意気込みを語った。

 3月の初防衛戦は相手の棄権による8回TKO勝ちだった。それから4カ月、山下正人会長はさらに「攻撃型に進化している」と断言。軽快なフットワークと的確なパンチが持ち味だが、さらに多彩な攻撃を習得したといい「ミニマム級でもこんなおもろいボクシングをするんやという試合を見せる」と接近戦の可能性も示唆した。

 山中の成長には「長谷川が伸びてきた頃によく似ている。(2人とも)器用じゃないけど、やれと言われたことはすぐやる勇気がある」と、二人三脚で歩んだ元3階級制覇王者、長谷川穂積氏の成長期と重なる部分が多いという。V2戦に向けても「長谷川にやってきたことを教えているので(山中も)引き出しが増えた」と手応えを感じている。

 アマで500戦以上を経験したというサルダールは、10年の中国・広州アジア大会で銅メダルを獲得。15年に当時WBO世界ライトフライ級王者・田中恒成に6回KO負けしているが、5回にはダウンを奪うなど前半は優勢に試合を進めた。山下会長も「1位の選手より強いと思う」と警戒している。

 パワーアップで筋肉量が増えた王者は、減量苦のためあと2戦で階級を上げる方向。山中は「誰が見ても勝ったと言われるような試合をすることが理想」と王者の貫禄を見せるつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス