文字サイズ

大鵬の孫・納谷“やり直し”デビュー戦で矢口を86秒殺!観客は「えーっ」

雷神矢口(上)にバックドロップを見舞う納谷幸男=後楽園ホール
雷神矢口に勝利した納谷幸男=後楽園ホール
雷神矢口(左)にヒザ蹴りを見舞う納谷幸男=後楽園ホール
3枚3枚

 「原点回帰プロレス」(7日、後楽園ホール)

 リアルジャパンの新間寿会長プロデュースの大会が行われ、元大相撲横綱の故大鵬の孫、元関脇貴闘力の長男の納谷幸男(23)がデビュー2戦目で雷神矢口をわずか1分26秒で破り、大器の片りんを見せつけた。

 納谷は9月のデビュー戦でこの日と同じ矢口に勝利したが、矢口のセコンドが介入を繰り返し、凶器が飛び交う乱戦になったことに新間会長が「こんな試合を組みやがって」と激怒。仕切り直しのデビュー戦が組まれた。

 この日はセコンド介入も凶器もなし。納谷は201センチの長身から強烈なハイキックを繰り出してダウンを奪い、豪快なランニングニーリフトから岩石落としにつなぐと一気に3カウント。あっけない決着に客席からは「えーっ」などの不満の声も出た。

 相手に何もさせない圧勝にも納谷はノーコメント。新間会長は「今日から始まりです。海のものとも山のものとも分からないが、大鵬の血を引いているのは間違いない。スターの要素を持っている1人」と、今後の活躍に期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス