文字サイズ

右脚切断、乳房全摘出…シャーク土屋が引退式で長与千種から最後の“3カウント”

シャーク土屋(右)の引退セレモニーに駆けつけた長与千種=後楽園ホール
シャーク土屋(左)にエールを送る大仁田厚=後楽園ホール
2枚2枚

 「超戦闘プロレス・FMW」(24日、後楽園ホール)

 元FMWの悪役女子レスラー、シャーク土屋の引退セレモニーがリング上で行われた。

 土屋は悪役ユニット「猛毒隊」を率いて大暴れするなど、90年代から2000年代にかけて活躍したが、ここ数年は糖尿病のため右膝から下を切断、乳がんのため右乳房を全摘出するなどし、闘病生活を送っていた。この日は“最後のリング”ながら悪役らしくファンから多くのブーイングが送られ、興行の出場選手だけでなく、盟友のクラッシャー前泊、バッドナース中村、イーグル沢井ら、ゆかりのあるレスラーも多数駆けつける中で10カウントゴングが鳴らされた。

 さらに、サプライズとして、激闘を繰り広げた長与千種もコスチューム姿で登場。土屋は有刺鉄線を巻いた木刀で長与に一撃を加えて3カウントを奪うと、2人は抱擁を交わした。

 そして最後は両親、関係者らをリングに上げて記念撮影。「本当にありがとう」と感謝して引き上げていった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス