文字サイズ

田中恒成「減量無理」フライ級転向 田口との統一戦消滅「申し訳ない」

 王座返上とフライ級への転向を表明した田中恒成
1枚拡大

 WBO世界ライトフライ級王座を1日付で返上した田中恒成(22)=畑中=が6日、名古屋市内で記者会見を行い、フライ級に転向することを表明した。田中は「ライトフライ級の減量がもう無理」と減量苦を理由に挙げた。同席した畑中会長によると、来春に転向初戦を行う予定で「WBOには挑戦者決定戦をやりたいと言っている」と明かした。

 WBAライトフライ級王者・田口(ワタナベ)との統一戦が消滅したことにも触れ「田口選手に申し訳ない気持ち」と頭を下げた。5日に都内のワタナベジムを単身訪れ、ジムの外で田口を待って直接謝罪したことも明かし、「気持ちを新たに笑顔でフライ級で頑張りたい」と吹っ切れたような表情を見せた。

 現在プロ10戦の田中は来年、前WBA世界フライ級王者・井岡(井岡)の持つ、18戦目での世界最速3階級制覇記録更新を狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス