文字サイズ

田中恒成“中京の怪物”に死角なし!「練習してきた全てのボクシング出す」

 パランポン・CPフレッシュマート(左)と田中恒成
1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ」(13日、エディオンアリーナ大阪)

 リミットの48・9キロで一発クリアした田中恒成(22)=畑中=は「明日はすごいボクシングをしたい。スピード、テクニック、パワー、今まで練習してきたボクシングをまとめて出したい」と、勝利を確信したように言い放った。

 計量後の回復食は高校時代からの恒例という雑炊系のメニュー。今回は名古屋から届けさせたサムゲタンを口にした。年末に実現を目指すWBA同級王者・田口との統一戦に向け「スピードを生かして圧倒的な内容でKOします」。日本最速タイ8戦目で2階級制覇を成し遂げた“中京の怪物”に死角はない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス