文字サイズ

新日本・G1卒業の永田、1勝8敗で全日程終了 「ここから自分の真価問われる」

 「プロレス・新日本」(11日、両国国技館)

 真夏のシングルリーグ戦「G1クライマックス」のAブロック最後の公式戦5試合が行われ、今回が最後の出場を明言している永田裕志はバッドラック・ファレに敗れ、1勝8敗の最下位で全日程を終了した。

 永田はかつて自身が率いる青義軍に所属していたファレの巨体から繰り出すラフ&パワー殺法に圧倒される。それでも、その巨体をエクスプロイダーで投げ、白目式腕固め、ナガタロック1を繰り出すなど意地の反撃を見せたが決めきれず、最後はバッドラックフォールでねじ伏せられた。

 試合後、ファレは先輩の永田に向けて現在の所属ユニットのバレットクラブのポーズを決めると、永田は得意の敬礼ポースで返答。惜別の大“ナガタコール”が送られる中、四方に礼をしてリングを後にした。

 インタビューでは、こみ上げるものをこらえながら、「まずは、19回目、最後のG1クライマックス公式戦が終わりました。本当にありがとうございました」と、神妙な面持ちで話した永田。だが、「最後のG1、完全燃焼して、完全制覇して終わるといってましたけど、現実は厳しかった。みんな強かったです。万全の状態で臨んで、そして、結果1勝8敗。こんな成績初めてです。本当に、ある意味無様だね。カッコ悪いなってのが本音です」と、自己最低の成績に悔しさを隠せなかった。

 さらに、「G1クライマックス出場は今年で終わりましたよ。けど、永田裕志の挑戦は終わらないです。この結果が自分にとって大きな悔しさ、エネルギーになるはずです。倒れても、そこから立ち上がるのが本当の強さ。プロレスを25年やって、ボクの出した1つの答え。ここからが本当の自分の進化が問われる」と、衰えぬ意欲を示し、「このお返しは必ずしますから。今の世代のヤツらに、そして新日本プロレスに必ず。それを糧にまた頑張って行きます」と逆襲を宣言。最後は再び「19年間、どうもありがとうございました」と感謝し、敬礼ポーズを決めて去って行った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス