文字サイズ

カープ元守護神小山田さん DeNA球団職員として奮闘中 新井と同期入団

横浜スタジアムをバックに小山田さん
現役時代の小山田さん
同期入団の新井(左)に祝福される小山田さん(中央)。右は倉
3枚3枚

 カープ時代はサイドハンドから繰り出すキレのある球を武器に先発、中継ぎ、ストッパーと幅広く活躍した小山田保裕さん(42)。現在はDeNAの球団職員として野球の普及活動を行ったり、ファンイベントの企画、運営に携わるなど、多忙な日々を送っている。

 横浜スタジアムのすぐそばにある球団事務所で待ち合わせ。スーツ姿で現れた小山田さんは「今は社会人としてどっぷりやっています。引退して8年もたちますから、自分がプロ野球選手だったことも忘れてますね。周りから言われて“あっ、そうだった”と思い出すぐらいです」と柔和な笑顔を見せた。

 城西大を経て、98年度ドラフト5位でカープに入団。今季限りで引退した新井とは同期だった。1年目から1軍で活躍した小山田さんが、最も輝きを放ったのが4年目の02年。開幕からストッパーに指名され、直球でグイグイ押し込む強気の投球で44試合に登板、球団史上初の30セーブを挙げた。

 当時を懐かしそうに振り返る。「マウンドでは強気に振る舞っていましたけど、リリーフカーに乗る前は必ず嘔吐(えず)いてました。佐々岡さんや黒田さんら先発の人たちの勝ち星を消すわけにはいきませんから、プレッシャーは相当なものでした」。シーズン終盤は疲れも蓄積し、なかなか3人でピシャリと抑えることができなかった。「ファンの人たちにもヒヤヒヤさせてしまって本当に申し訳なかったと思っています」。元来は気が優しくて穏やかな性格。勝負の世界で勝ち抜くために現役時代はヒゲをはやしていた。「ヒゲをはやすとワイルドというか攻撃的というか、そういうスイッチが入ったんです」と笑う。

 04年途中からは先発に転向し、10月7日の中日戦では151球完封勝利をマーク。05年も先発陣の一角として開幕を迎え、5月までに2完封を含む4完投、5勝を挙げてチームに貢献したが、その後は右肩痛を訴え、苦しんだ。08年に横浜へ移籍。1年目は39試合に登板したが、再び右肩痛に見舞われ、10年限りで引退した。通算成績は251試合に登板し、19勝26敗37セーブ、防御率4・04。

 カープには9年間在籍した。「野球選手というだけでなく、人としても磨いていただいた球団です。礼儀だったり、社会人として振る舞いなども勉強させていただきました。今があるのもカープのおかげです」と感謝の言葉を口にする。

 引退後は横浜の球団職員となり「野球振興・スクール事業部」に在籍。幼稚園や小学校を訪問して子どもたちが野球と触れ合うきっかけ作りを行ったり、野球教室開催やDeNAのジュニアチームを指導。通年型の野球教室「横浜DeNAベイスターズベースボールスクール」の立ち上げにも携わるなど、野球の裾野拡大に奮闘してきた。また、今年からは新たにファンイベントの企画、運営にも携わっている。

 横浜移籍は木村、岸本との交換トレードだった。「2人の活躍に心が痛かった。僕も活躍したかったけど結果的に3年で終わってしまって…。野球で貢献できなかった分、球団職員として恩返ししたいと思っています」。そんな実直な小山田さんについて、同僚の女性職員は「社内でもまったく元野球選手という雰囲気を出さなくて、現役時代を知らない職員は“えっ、小山田さんって野球選手だったの?”と驚く人もいるほどなんです」と教えてくれた。

 小山田さんが在籍していた頃のカープは万年Bクラスだったが、現在はリーグ3連覇を果たし常勝軍団に。緒方監督を始め、多くのコーチ陣とも一緒にプレーしており、「皆さんの努力が結果に結びついたのはとてもうれしいですし、球団職員の方も大変ご苦労されたんだと思います。僕もカープの皆さんに負けないよう、DeNAのために頑張っていきたいですね」と口元を引き締めた。(デイリースポーツ・工藤直樹)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス