文字サイズ

【野球】呉・エース沼田 悲願の夏初出場へ1球にかける思い

 12日に開幕した「第101回全国高校野球選手権広島大会」。呉が夏の甲子園初出場を目指している。今春はセンバツに出場したが、1回戦敗退。投手陣の柱としてチームをけん引する沼田仁投手(3年)は甲子園で痛感した1球の重みを糧に、最後の夏へ臨む決意を示した。

 「もう一度あの場所で試合をしたい気持ちがみんなある。(甲子園で)1勝して校歌をうたったりしたいですね」

 センバツでは開幕カードの市和歌山戦に先発。10回2/3を3失点(自責2)。2-2の延長十一回2死二塁からタイムリーを許しサヨナラ負けを喫した。「悔しかった。(サヨナラ打は)スライダーを投げたんですけど、甘く入った。1球で決まることがある。その1球が大切と学んだ」。聖地のマウンドで1球の重みを痛感した。

 130キロ台の直球と2種類のスライダーを中心に投球を組み立てる右腕は、そこから直球の球速や全球種の制球力を磨いた。走り込みなどで下半身も「秋や春より変わったと思います」。現在はフォークを習得中で、「縦の変化があることで打者も迷いが出てくると思う」と新たな武器にするつもりだ。

 チームもハイテク機器を駆使して強化を図ってきた。昨年12月、投手には回転数などを測れる「MAQ(マキュー)」が、野手にはスイングスピードなどを測れる「スイングトレーサー」(ともにミズノ社製の器具)が導入された。沼田仁も「トレーニングをして回転数が上がったというのもあった。伸びたと実感もできる」と参考にしている。

 07年に創部され、センバツは2度出場しているが、夏の甲子園出場はない。中村信彦監督は「混戦になると思う。あわよくばと思っている」と力を込め、沼田仁については「ストライクを取るコントロールはある。(最低)5回を2失点で。その覚悟で」と求めた。エースが期待に応え、再び聖地に足を踏み入れる。(デイリースポーツ・田中 哲)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス