文字サイズ

【野球】阪神・馬場の進化「結果を求めて」改良フォームで開幕ローテ狙う

力投する阪神・馬場皐輔
1枚拡大

 プロ野球開幕まで残り1カ月を切った。し烈な争いとなっている開幕ローテの座。プロ2年目となる阪神・馬場皐輔投手(23)は、新フォームを武器にサバイバルレースを生き残る覚悟を示した。

 「(開幕ローテ入りへ)まずは目の前の1試合1試合。若手同士の競争は続いているので、与えられたマウンドでは結果を求めてやっていきたい」

 狙うは開幕ローテの一角。ドラフト1位で入団し、即戦力として期待された昨季は安定した成績を残せずに2軍スタートとなった。昨季と同じ思いはしたくない。1年間の経験を生かし、今季は順調にアピールしている。

 3日の教育リーグ・ソフトバンク戦(筑後)では、三回から2番手で登板。4回無安打無失点4奪三振の完全投球で鷹打線を封じ込んだ。また、課題としていた直球の最速は150キロをマーク。「マウンドで冷静に判断できるようになった。配球なども考えながら投げています」と成長した姿を見せ、存在感を示している。

 安定した投球につながっているのが、春季キャンプから取り組む投球フォームの変更だ。改良したポイントとして「感覚の中ではテークバックを大きくして、グラブをはめている左手を伸ばすというのを辞めました。腕を曲げた状態のままいくというフォームです」と説明。無駄な動作をなくしたことで体のブレを少なくすることができ、力むことなく目いっぱいに腕を振ることができるようになった。

 今シーズンの開幕投手は5年連続6度目となるメッセンジャーに決定。新加入した西やガルシアも先発ローテ入りが濃厚で残り枠を岩貞や藤浪、才木らと争っている。進化した馬場が、着実に一歩ずつ、ローテ入りへの階段を上がっていく。(デイリースポーツ井上慎也)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス