文字サイズ

【野球】広島、小園加入で内野陣に刺激 上本、曽根がアピール合戦

 沖縄のコザしんきんスタジアムのグラウンドには連日、背番号0、背番号00の大きな声が響き渡っていた。カープは内野のバック争いもし烈だ。出場機会を増やそうと、上本崇司内野手(28)、曽根海成内野手(23)が目をぎらつかせていた。

 28歳上本は元気いっぱいだ。ムードメーカーとして朝の声だしから盛り上げ、実戦でも存在感を示した。16日の紅白戦では「8番二塁」でスタメン出場。右越え二塁打を放ち、2打点を叩き出した。オフから「野球はバッティング、少ない打席の中でヒットを打ちたい」と打撃のレベルアップに着手。数少ないアピールチャンスの中で結果を残し、「強く振ることを意識しました」と納得顔だった。

 昨季途中にトレードで加入した曽根は「課題は全部です」と繰り返す。中でも打撃では「強く振ること」がテーマ。東出打撃コーチから「振れる力が付いた」と認められ、対外試合でも途中出場から快音を響かせた。

 オフはソフトバンク今宮の自主トレに参加した。ゴールデン・グラブ賞常連の名手から「打球の入り方やボールを取ってからのステップ」など、内野手の基本を学んだという。走攻守、「すべてで、レベルアップしたい」とどん欲だ。

 キャンプ第2クール7日に行われたシート打撃では、2人はめまぐるしく守備位置を変えた。上本は三塁、遊撃、中堅、右翼に就き、曽根は二塁、左翼、中堅で白球を追った。田中広、菊池涼の二遊間は今季も不動。東出コーチは「代走や守備固め。ケガ人が出たときに入れるように。そこから」と説明。まずは内外野ユーティリープレーヤーからのアピールを求められる。

 キャンプではドラフト1位小園海斗内野手(18)=報徳学園=も実力を発揮した。東出コーチが「(小園の存在は)嫌だと思うよ」と言うように、上本や曽根らへの相乗効果は絶大。オープン戦が本格化する3月も、内野に火花が散りそうだ。(デイリースポーツ・杉原史恭)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      オピニオンD最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス