ホームオピニオンDオピニオンD

 文字サイズ

やしきたかじんさんの隠された出自とは

2014年9月9日

 壇上に立つ「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」の著者・角岡伸彦氏=東京會舘

 壇上に立つ「ゆめいらんかね やしきたかじん伝」の著者・角岡伸彦氏=東京會舘

拡大写真はこちら

 選考委員のノンフィクション作家・高山文彦氏は「本当に残念でした!」とウイットに富んだ表現で労をねぎらいつつ、「在日韓国人2世(※将来を案じた父の配慮から日本人である母の籍に入ったため日本国籍。『家鋪』は母方の姓)のやしきたかじんという人物と彼を強大な力で抑えていた実父の、いわば『血と骨』の物語、それが描けていれば本賞の枠を飛び越えて、とてつもない傑作になっていただろう。取材を重ねて世の中に出していかれることを期待したい」と、ビートたけし主演、崔洋一監督で映画化された、梁石日(ヤン・ソギル)氏の自伝的小説「血と骨」にイメージを重ねた。角岡氏は「アニキ」と呼ぶ高山氏の言葉通り、応募後も数か月の取材を重ね加筆した。

 そんなやりとりを耳にしているうちに、79年頃の記憶がよみがえった。三十路になるかならないかのたかじんさんがMBSのヤンタン(関西在住の10代にとって“義務教育”のようなラジオ番組「ヤングタウン」の愛称。たかじんさんは83年までパーソナリティーを務めた)で、実父との確執を語っていたことを思い出したのだ。学生時代、新聞記者志望を父に告げた際、突き放すような敬語を交えて頭から全否定された場面を、たかじんさんは父の口調をまねて再現していた。青年期のルサンチマン(この場合は父という絶対者への憎悪であり、同時にそれは音楽を選んだ表現者にとって不可欠な要素、動機付けになったと思う)にあふれていたが、出自については全く触れられることはなかった。

 式後のパーティーで角岡氏に声を掛けた。神戸新聞時代の昔話もそこそこに、たかじんさんの出自について改めてうかがうと…。「周囲はそのことを知っていたが、最後まで公にされなかった。自身の番組で“在日”を取り上げた際、在日韓国人のパネラー(例えば前述の崔監督)を迎えたことがあり、その時、本人も名乗るチャンスはあったのに、できなかった」。だからこそ、“それ”を初めて書くプレッシャーと同氏は格闘した。

 では、なぜ、そこまで掘り下げたのか。それは「歌手としてのやしきたかじんを再評価したい」という思いからだったという。実はそれこそが本書の大きなテーマだ。出自にまで触れたのは、彼の「歌」に結びつく原点の1つとして描かねばならなかったからだろう。何よりも、本書のタイトル「ゆめいらんかね」は「家鋪隆仁」名義で自身が作曲し、キングレコードの「ベルウッド」レーベルから76年10月21日に発売されたデビュー・シングルの曲名である。同日発売のファースト・アルバム「TAKAJIN」の5曲目にも収録されており、当時、たかじんさんは27歳になったばかりだった。

 「ベルウッド」といえば、高田渡、はっぴいえんど~細野晴臣&大瀧詠一のソロ、あがた森魚、友川かずき(現カズキ)、遠藤賢司、三上寛…といった唯一無二の顔ぶれが群雄割拠した伝説のレーベル。後に「やっぱ好きやねん」「東京」といったヒット曲を飛ばし、政界にも影響を及ぼしたカリスマ司会者と彼らの音楽性は今でこそ交わる要素を全く感じさせないが、モハメド・アリとアントニオ猪木が日本武道館で戦ったあの年、「1976年のやしきたかじん」はその延長線上にいたシンガー・ソングライターだったのだ。

 角岡氏は言う。「9・11という日に本を出す。(01年の同時多発)テロとは全く関係ないですが、僕にとってはハラハラドキドキ。本人が隠してきたことを僕が書いてしまうことに怖い部分もあります。でも、それ(出自)をバネにして彼は歌手として頑張ったんですから」。果たして、たかじんさんの出自と歌のつながりとは…。こちらも覚悟をもって、本書を手に取りたい。

(デイリースポーツ・北村泰介)

前ページ123



オピニオンDニュース

  • 【野球】1995年のプロ野球…「がんばろうKOBE」震災から24年(1月17日)
  • 【野球】巨人・丸「新人」発言の真意とは(1月17日)
  • 【スポーツ】稀勢の里に見た美学 力士会で見せた相撲に対する真摯な姿勢(1月17日)
  • 【野球】『オリックス・西岡』が誕生しなかった理由(1月16日)
  • 【スポーツ】4年ぶり現役復帰の新谷仁美、型破りコメントの裏に見えるもの(1月15日)
  • 【野球】松坂世代プロ入り年度に誕生した新成人…19年はいかに(1月14日)
  • 【スポーツ】負けこそ絵になった吉田沙保里さんは“超一流”だった(1月14日)
  • 【競馬】勝ち星量産ノーザンファーム天栄の馬に今後も注目(1月8日)
  • 【芸能】若者惹きつけ足跡残した米津玄師…“米津伝説”は始まったばかり(1月8日)
  • 【芸能】巨匠・たけしが語る漫才とコントの違い…漫才師が負うハンデとは(1月6日)
  • 【スポーツ】原英莉花、脇本華ら…女子ゴルフのルーキーは今年もスター候補がいっぱい!(1月6日)
  • 【芸能】平成最後のレコ大と紅白を盛り上げた2組の「シンドバッド」(1月4日)
  • 【野球】巨人に縁起よし?亥年のプロ野球を振り返る(1月3日)
  • 【野球】広島4連覇のキーマン、会沢に高まる“打”の期待(1月2日)
  • 【野球】カープOB墓碑銘 鉄人・衣笠さんや長嶋茂雄の幻の本塁打を打たれた鵜狩さんら(12月30日)
  • 【芸能】M-1久保田&武智の騒動を生んだ放送時間…ネタ時間の3倍以上に再考の要(1月6日)
  • 【野球】36歳での海外挑戦へ…前ヤクルト・大松尚逸 なお燃えさかる野球への情熱(12月30日)
  • 【スポーツ】小笠原満男 引退会見で願い「東北からどんどんJリーガーが出てほしい」(12月29日)
  • 【野球】投手王国広島の復活へ…大瀬良、ジョンソンの次は誰?床田、薮田らに期待(12月29日)
  • 【野球】18年広島10大ニュース リーグ3連覇、衣笠氏死去、新井引退…(12月28日)
  • 【野球】さらばレアード、日本を愛した日本ハムの“すしボーイ”(12月28日)
  • 【野球】広島、5年連続の全選手一発更改 日本選手7人が大台超え(12月27日)
  • 【野球】阪神・矢野監督が描く来季打線 和製4番の台頭願う(12月27日)
  • 【野球】担当記者が独断で選ぶ!18年高校野球10大ニュース(12月26日)
  • 【野球】巨人超大型補強で来季の打順は?“実力至上主義”原采配がさく裂か (12月26日)
  • 【スポーツ】奇抜なリングネームだけじゃない「桑畑デカナルド闘凜生」デビュー2連勝(12月26日)
  • 【スポーツ】本田真凜、試練のシーズン 支えた妹・望結の言葉と生まれた感情(12月26日)
  • 【野球】巨人・菅野智之から垣間見えるエース像とは-(12月25日)
  • 【スポーツ】高橋大輔の「献身」の意味 世界選手権辞退表明に込めた思いは…(12月25日)
  • 今日みられてます

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6

    注目トピックス

    カードローン、即日融資

    私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

    阪神タイガースプリント

    紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    競馬G1プリント

    紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

    今日の星座占い1位:ふたご座

    素敵なお店でちょっと夜遊びがラッキー

    阪神 今日は何の日?

    タイガースが1面を飾った出来事が満載!

    今日は誰の誕生日?

    毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介