文字サイズ

大坂なおみが涙「プレーして良かった」も、まさかの敗退で取材巡りまた混乱

 女子シングルス3回戦で敗れ引き揚げる大坂なおみ=有明テニスの森公園
 女子シングルス3回戦でチェコのマルケタ・ボンドロウソバ(右)に敗れた大坂なおみ=有明テニスの森公園
 女子シングルス3回戦でチェコのマルケタ・ボンドロウソバ(奥)に敗れた大坂なおみ=有明テニスの森公園
3枚

 「東京五輪・テニス女子シングルス・3回戦」(27日、有明テニスの森)

 第2シード、世界ランク2位の大坂なおみ(23)=日清食品=は、同42位のマルケータ・ボンドロウソバ(チェコ)と対戦。1-6、4-6でストレート負けを喫した。

 金メダル候補として期待されていたが、まさかの敗退。落胆の色は濃く、試合直後は大会で義務付けられている取材エリア、ミックスゾーンを通過せず、会場外へと向かった。ここを通らない場合は、最大2万ドル罰金の可能性もあり、現場は騒然となった。

 待機するメディアに担当者は大坂が会場外へ出たことを説明。一方で一切の取材に応じなかったことから日本協会関係者が「戻します」と説明するなど、混乱が生じた。その後、大坂のエージェントが負けてもミックスを通ることを知らなかったと説明。その後、20分経過してから会場に戻るなど、ドタバタとなった。

 再び戻って来たミックスゾーンでは涙をみせ、ショックを隠せなかった。「大会に出場したメリットはあった。プレーして良かった」と語り、残念だったか問われて「はい」とうなずいた。

 この日は立ち上がりから波に乗れなかった。第1、第3ゲームからいきなりブレークを許す苦しい展開。第7ゲームもミスでブレークされ、あっさり1-6で落とした。

 第2セットは第1ゲームをブレークしたが、第4ゲームはダブルフォールトが響いてブレークを許した。流れに乗れず、まさかの敗退となった。

 今年、四大大会の全仏オープンで、アスリートの心の健康状態(メンタルヘルス)を重視する観点から、試合後の会見に応じないことを表明したことが物議を呼んだ後、うつ症状などを理由に大会欠場を表明。今回の五輪が復帰戦だった。

 金メダルも期待されて臨んだ今大会。開会式の聖火リレーで点火役も務めた後には「とても光栄」、「日本でプレーできることが嬉しく思います」などと語っていた。

2021-08-08
2021-08-07
2021-08-06
2021-08-05
2021-08-04
2021-08-03
2021-08-02
2021-08-01
2021-07-31
2021-07-30
2021-07-29
2021-07-28
2021-07-27
2021-07-26
2021-07-25
2021-07-24
2021-07-23
2021-07-22
2021-07-21

関連ニュース

    東京五輪最新ニュース

    もっとみる

    東京五輪 写真ハイライト

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス