文字サイズ

平昌五輪日本代表が解団 小平、羽生、高木姉妹らメダリストに特別賞

平昌五輪日本代表選手団解団式に出席しオリンピック特別賞を授与する羽生結弦=東京ミッドタウン(撮影・堀内翔)
平昌五輪日本代表選手団解団式で団旗を返還する葛西紀明、小平奈緒=東京ミッドタウン(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 平昌五輪の日本選手団が27日、都内で解団式を行った。

 金メダルを獲得したスピードスケート女子500メートルの小平奈緒、スピードスケートチームパシュート(高木美帆、菊池彩花、佐藤綾乃、高木菜那)、スピードスケートマススタート女子の高木菜那、フィギュアスケート男子の羽生結弦ら、銀、銅も含めた各メダリストにオリンピック特別賞が授与された(ノルディック複合個人ノーマルヒルで銀メダルの渡部暁斗は遠征中のため欠席)。

 主将の小平、旗手のスキージャンプ男子・葛西紀明から団旗が返還され、日本代表選手団の斎藤泰雄団長が「第23回オリンピック冬季競技大会2018平昌日本代表選手団の解団を宣言いたします」と解団宣言を行った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス