文字サイズ

66年前連覇のバトン氏も羽生を絶賛「この上ないトリプルアクセル」「美しい」

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 圧巻の演技でトップに立った日本の羽生結弦(23)=ANA=に伝説のスケーターも絶賛した。48年サンモリッツ大会、52年オスロ大会でフィギュア男子の連覇を達成したディック・バトン氏が自身のツイッターで「美しいプログラム、美しい振り付けだった」と振り返った。

 羽生はバトン氏以来の連覇を目指している。伝説のスケーターらしく、ジャンプのように目立つ面だけではなく「選曲が素晴らしい。イン、アウトのエッジ使いも美しい」と演技全体を見渡して評価をした。「4回転より軽視されるものの美しいスピン」と、ジャンプ以外の要素も挙げ、「この上ないトリプルアクセル」、「音楽がスケートを支え、スケートが音楽を支えている」と技術面や音楽と滑りの調和など、さまざまな角度から絶賛した。

 最後に「まるでテディーベアの雨が降り注いだ」と、演技終了後にディズニーキャラクターで羽生が好きな「くまのプーさん」がファンから投じられたことを表現していた。レジェンドも羽生が好きなグッズということまでは知らなかったようだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    五輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス