文字サイズ

高梨沙羅 銅メダルを手に万感「メダルの重さだけじゃない。重いです」

銅メダルを手に笑顔を見せる高梨沙羅(左)=平昌(撮影・高部洋祐)
銅メダルを胸にガッツポーズする高梨沙羅=平昌(撮影・高部洋祐)
銅メダルを胸に、声援に応える高梨沙羅=平昌(撮影・高部洋祐)
3枚3枚

 平昌五輪ノルディックスキー・ジャンプ女子で4年前のソチ五輪の雪辱を果たし、日本女子初のメダルとなる銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=が13日夜に五輪スタジアム近くにある広場でメダルセレモニーに出席した。

 元気いっぱいに表彰台に飛びのり、メダルを掛けてもらうと、満面の笑みが咲いた。会心のジャンプで日本女子ジャンプ初のメダルをもぎ取った感動の夜から1日。手にしたメダルに「メダルの重さだけじゃなく、たくさんの人たちの思いが詰まっている重さ。重いです」と、ようやく成し遂げたことの実感が湧いてきた。

 メダルを最初に掛けてあげる人は?と問われると「コーチである父に。いつも見守ってくれた。こうしてメダルが取れたのも、家族の支えがあって。お父さんとお母さんに掛けてあげたい」と、笑顔で話した。そして「この銅色のメダルを金色に変えられるように、また4年掛けて頑張ろうという気持ちになれた」と、この先に続く道を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    五輪ニュース最新ニュース

    もっとみる