文字サイズ

内村航平が新型コロナ感染 五輪強化拠点NTC合宿選手からは初

 国際体操連盟の渡辺守成会長が29日、緊急会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限などが設けられて以降、日本で初の五輪競技における国際大会となる予定の体操の日米中露4カ国交流大会(11月8日、代々木第一体育館)に出場予定だった男子個人総合五輪2連覇王者の内村航平(31)=リンガーハット=が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。無症状だという。内村が大会に参加できるかどうかは未定。

 大会出場予定の日本選手は味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で合宿を行っていた。五輪選手強化拠点であるNTCで選手から感染者が出たのは初めて。日本選手は30日に全員が急きょPCR検査を受診する。

 日本選手、関係者はここまで2度PCR検査を受け、21日の検査では全員が陰性だったが、28日に受けた検査結果がこの日、判明し、内村に陽性反応が出た。日本選手はこの日の夕方、オンライン会見に出席していたが、内村は体調不良を理由で急きょ欠席していた。今後、21~28日の行動履歴などを調査していく。内村は6日間の経過観察を経て、11月4日にPCR検査を実施。さらに翌5日に検査を実施し、陰性であれば、本人の希望次第で大会に出場できる。

 渡辺会長によると、大会を開催する方針は変わらないという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス