文字サイズ

虎党・清水、低迷の虎にカツ入れる!

 埼玉県にゆかりのあるロンドン五輪のメダリスト6人が30日、さいたま市内で県制定「彩の国スポーツ功労賞」の授賞式に出席した。男子ボクシングで44年ぶりとなる銅メダルを獲得した清水聡(26)=自衛隊体育学校=は、県のマスコット『コバトン』と爆笑の絡みを披露。虎党を標榜するメダリストボクサーは、次に低迷するプロ野球・阪神のマスコット『トラッキー』との共演を熱望。始球式でのバッテリー結成もぶち上げた。

 小原、米満ら金メダリストを向こうに回し、この日、表彰式の主役となったのは、銅メダルボクサーの清水だった。

 会見中に突如「いや~、僕とコバトンは思い出がありまして。コバトン、まだいる?」と一度控室に戻ったマスコットを呼び戻すと「僕はコバトンの声が聞こえるんです。久しぶり?覚えてる?埼玉国体で優勝した時に会ってるんだけど?駄目だ。通訳の人~!」と、不思議な漫才を披露。会場の爆笑を誘った。

 マスコットいじりという新たな才能を見せた清水の次なるターゲットは、5位に低迷する阪神のマスコット『トラッキー』だ。ロンドン五輪期間中から「阪神ファンです。金本選手が好き」と話していた大の虎党は「トラッキー、あいつはいいヤツですよ。出会ったのはもう16年前ぐらい。(地元の)倉敷マスカットスタジアムで…」と、思い出を語り始めた。

 始球式などのオファーは届いていないが「ぜひ行きたい。カツを入れますよ。僕がピッチャーで、トラッキーがキャッチャーで」と、バッテリー結成を熱望。さらに「まずはほふく前進からですね」と、自衛隊体育学校所属らしく、熱血特訓まで思い描いていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス