文字サイズ

本田真凜、野性的な演技はまるで女豹“ニュー真凜”で観客魅了

 アイスショーの「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」が4日、名古屋市ガイシアリーナで行われた。先月の全日本選手権を初制覇した紀平梨花(17)=関大KFSC=や本田真凜(18)=JAL=らが出演した。本田はセクシーにイメチェンした姿で“ニュー真凜”をアピールした。

 新しいエキシビションの「ALBATROZ」を国内初披露した真凜。全身タイツのようにつながった珍しいパンツスタイルで、黒地にラメのほか鳥の羽のような飾りも。指の1本ずつに施された飾りが長い爪を思わせ、野性的な演技は女豹さながらだった。持ち前の表現力で力強いピアノのビートに乗って、3回転ジャンプやスパイラルなどもワイルドに決め、観客から大歓声を浴びた。

 アンコールでは、今季SP「セブン・ネーション・アーミー」で再び観客を沸かせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス