文字サイズ

阪神球団、NPBへ意見書提出へ

3回、コリジョン適応で判定がくつがえり抗議する金本監督=甲子園(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 「阪神1-3巨人」(11日、甲子園球場)

 巨人は1-0の三回2死二塁から脇谷の中前適時打で2点目。この得点時に阪神は大和からの送球を受けた捕手・原口が走者にタッチして最初はアウトの判定が出されたが、巨人・高橋監督の要望によってビデオ判定に持ち込まれた。協議の結果、今季から採用のコリジョン(衝突)ルールが適用されて判定がセーフに覆った。 阪神・金本監督はコリジョンルールが適用されたことについて「球団からも公式に要望が出ると思う」などと憤りの表情。また、阪神球団の谷本修常務は12日に日本野球機構(NPB)へ意見書を提出することを明言した。

 谷本常務は「(中堅・大和の)送球がバウンドした後に伸びて、原口選手が走路を一瞬、またいだということだけでの判断はどうかな、と思う。やむを得ず(走路に)入っている。送球を捕るという流れの中でのプレーなので(判定が覆ることは)解せない。どの観点で、どこを重視しているのかを聞きたい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス