文字サイズ

ドラ1・高山が適時二塁打でプロ初打点

3回、右中間に先制適時二塁打を放つ阪神・高山俊=京セラドーム大阪(撮影・北村雅宏)
3回阪神1死一塁、右中間へ先制適時打を放つ阪神・高山俊。投手・中日・山井大介=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
3回阪神1死一塁、右中間へ先制適時打を放つ阪神・高山俊=京セラドーム大阪(撮影・田中太一)
3枚3枚

 「阪神-中日」(26日、京セラドーム大阪)

 阪神のドラフト1位ルーキー・高山が三回にプロ初打点となるタイムリー二塁打を放った。

 1死一塁から、中日の先発・山井のストレートをたたき、二塁打で先制点をたたき出した。前日の開幕戦では1番に起用され、初回の初打席で初安打をマーク。前日に続いての1番スタメンでまたもや結果を出した。

 さらに2死後、新外国人・ヘイグが左中間へ適時二塁打をを放ち、2試合連続の打点をマークした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス