文字サイズ

能見 八回に変調、途中で降板

8回、小窪に四球を出した能見は顔をしかめる。この直後途中降板する=富山(撮影・田中太一)
1枚拡大

 「広島-阪神」(24日、富山)

 阪神・能見が八回途中で降板。先頭の梵に四球、1死から会沢に左前打、小窪に四球を与え、満塁としたところで交代した。

 七回までは3安打、梵のソロによる1点に抑えていた。しかし、八回に変調。制球が乱れ、トレーナーに付き添われる形でマウンドを降りた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス