文字サイズ

西岡「今年は給料泥棒になり…」

(左から)阪神・メッセンジャー、福留孝介と久々にお立ち台に立つ西岡=甲子園(撮影・保田叔久)
1枚拡大

 「阪神5‐0広島」(14日、甲子園)

 阪神は、メッセンジャーが粘りの投球で終盤の攻撃を呼び込んだ。7回3安打無失点でハーラートップタイの12勝目。チームは零封勝ちで2位広島と2・5ゲーム差とした。

 打線は広島・九里の前に六回まで無得点。七回1死、福留が2番手の中田から右翼へ先制ソロ。2死二塁では、メッセンジャーの代打西岡が右中間へ適時三塁打を放った。続く上本も適時内野安打で計3点。八回にはマートンが左翼席へ2ランを放ち試合を決めた。

 試合後のヒーローインタビューにはメッセンジャー、福留、西岡の3人が並んだ。

 故障離脱の期間が長かった西岡は「今年はこういうシーズンで給料泥棒になりましたけど、残り何試合かありますから全力で戦っていきます」と力強く話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    阪神最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス