文字サイズ

阪神が2位再浮上 上本が決勝2点打

9回を締めた阪神・呉(右)からウイニングボールを受け取りニッコリの岩崎=甲子園(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神5‐3DeNA」(4日、甲子園)

 阪神がカードを勝ち越し、巨人に敗れた広島と入れ替わり2位に再浮上した。

 2‐3の六回2死満塁から代打・坂の遊撃内野適時安打で同点。続く上本が三遊間を破る適時2点打を放ち、勝ち越した。二回は1死一、三塁から大和のスクイズ(犠打野選)で先制。1‐1の三回はゴメスが左越えに23号ソロを放った。

 先発・岩崎は6回3安打3失点(自責2)で4勝目(4敗)を挙げた。

 決勝の2点打を放った上本がお立ち台に上がった。「チームの全員がくれたチャンスで、どんな球でも食らいついて打とうと思いました。毎日が必死です。何とかチームに貢献したいと思います」と、やや顔をこわばらせながら、喜びの言葉を発した。

 DeNAは0‐1の三回1死二、三塁から梶谷の左犠飛で同点。1‐2の六回2死二塁からブランコがバックスクリーン左へ14号2ランを放ったが、守備の乱れから逆転を許した。先発・三浦は6回8安打5失点(自責2)で5敗目(5勝)を喫した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス