文字サイズ

【ダービー】武豊「生まれた世代が…」

 「ダービー・G1」(29日、東京)

 3番人気のマカヒキが、直線の激しいたたき合いを制して世代の頂点に立った。道中は中団の内で我慢。直線向いてもじっくりとチャンスをうかがい、コースがあくとすかさずスパート。外から迫った2番人気サトノダイヤモンドとの競り合いをしのぎ切ってダービー覇者の称号を手にした。勝ちタイムは2分24秒0。3着にはさらに外から伸びた皐月賞馬ディーマジェスティだった。

 第2集団を引っ張る形で積極的な競馬をした7番人気エアスピネルが、直線も踏ん張って4着に奮闘した。ダービー6勝目を狙った武豊は「思い通りの競馬ができた。勝つかと思ったけど上位が強かったね」と振り返る。「生まれた世代が悪かったとしか言えない。いつかG1を獲らせてあげたい」と相棒は褒め、今後の活躍を期待していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス